戯れ言葉

大津駅前オープンモール ミライスカート

カテゴリ:近つ淡海の国(滋賀)
タグ:

アイドルというカテゴリーは作ってないなぁ
お祭りとかの場合しか
親族以外の人物を中心に撮ることはないし。
たまたまご当地アイドルがやってきてたので
練習がてら出かけて見ます
20161121001.jpg
えーっと
アイドルの応援団ってなんて言ってましたっけ
が 一杯来てます
20161121002.jpg

ミライスカート というグループです。
巧く撮れてたのは二人だけ
なにちゃんなのかは 知りません
20161121003.jpg
動く対象物はむつかしい
ピントもなかなかうまくあってくれないし
良い練習になります。


Comments 16

There are no comments yet.

金  

こんにちわ!

こんにちわ!

先日は、暖かい訪問コメントありがとうございました(ぺこ

あのですね・・・・(;´∀`)ニヤリ
金のパパさんも最近
此方の方々の様なアイドルを見ると
「可愛いな~~」って言い出したんです

以前は、目もくれなくて
オマケニ「下手な歌うたってからに・・・」等と
いうてたのに
おやおや???
パパさん「ロリコン?やったんΣ(・ω・ノ)ノ!」
って、驚いた金は尋ねました
したら、帰った返事が
「うん・・・」で無かったでした

>見ていると、何か凄く微笑ましくて
>「ガンバレ~~~!」って応援したくなるん

ですって
成程・・・俗に言う【親こころ】みたいな
感覚やそうです

男の母性本能と言うやつですかね
女は割と潜在的に有ると思うから、金などは
赤子を見ると「可愛い!」って以前から
感じてましたけれど

そういえば
昔飼っていた オスのワンちゃんですが
物凄く母性本能の強い子でした
(序に、雄同士の喧嘩も強かったですけれど)

子犬や、人間の赤子等にとても優しかったです

hige さんにも、そんなパパさんの様な
感覚有りますか?
アイドルに対して・・・

2016/11/22 (Tue) 13:53 | 返信を書く |   

金  

≪追伸≫

≪追伸≫
とても、可愛らしく
撮れていると思いますよ!

動く物は、矢張り難しいですか?
お祭りのお写真等も動かれていると思うのですが
動く、スピードがちがうのかな?

何処やったか
higeさんの可愛いお孫さんのお写真が
アップされていた記事がありましたよね
あのお写真もとても愛らしい感満喫で
楽しませて頂きました
あんな幼子がジッとしていないやろうに
素敵に撮れていましたよね

2016/11/22 (Tue) 14:01 | 返信を書く |   

hige  

返信

 答えにくいことを聞きますねぇ。
 男の方のコメントなら答え易いのですが。

 アイドルの舞台とかのソロの歌を聞いてると、へたくそさに寒気が出てやめてくれっと言いたくなりますが、でも若い女の子は好きです。
 年を取ると女の子は若いだけでみんな可愛く見えます。
 アイドルはももちの様に、ぶりっこでもいいので可愛いのが好きです。
 父性愛ってのはないです。ごめんなさい。

 実は、もう10代の頃からロリコンが始まってまして困ってます。
 でも、ロリコンの本来の意味って本当は12才以下が対象なんですよ。
 二十歳前後の女性が好きなのはロリコンとはいいません。
 そんなのは、普通に女性として可愛いと言ってるのと同じです。
 まぁ、世間の見方は違いますが。

 あんまり掘り下げない方が男女のあいだでは平和なんではないでしょうか。

 私は、人見知りで、知らない人と話すのがめっちゃ苦手なのに、孫が一杯出来て小さい子に慣れたせいか5才以下の子供がいるとついついかまってしまってますねぇ。
 

2016/11/22 (Tue) 15:41 | 再編集 | 返信を書く |   

hige  

Re: ≪追伸≫

 そうなんです。
 一枚だけ可愛く撮れてます。
 こういう写真が撮れてしまうと、余計に嵌まります。
 もっと色々撮ってみたいって。

 アイドルも自分たちの紹介とかプレゼンをしている時は動かないので取りやすいのですが、表情がいまいちおもしろくありません。
 やっぱ、人って無心に何かをやってる時が素敵です。
 で、踊りながら歌ってる一瞬の絵が欲しいですね。
 
 慣れているカメラマンはテクニックが身についてるんでしょうが、まだ一眼カメラを買って2年未満で、ダメですよねぇ。

 孫が来てる時って、こちらは気分良く酔っ払ってるんで、カメラはどっかにしまわれたままだったり。

 それはそうと、世間は紅葉で真っ赤です。私はこれからも写真撮りに出かけます。で、可愛い女の子がいればアップ盗撮したいのですが・・・・ダメダメ
 金さんも弁当作って電車やバスに乗って数時間で行けるところでも良し、遠足しましょう。
 
 さて、あと何年生きられるのか。
 好き勝手するぞ!!

2016/11/22 (Tue) 16:06 | 再編集 | 返信を書く |   

hige  

≪追伸≫

 写真を撮りに行ってる時
 美少女を発見しても、ぐっと我慢で撮りませんよねぇ。
 その反動とちゃいますかねぇ。

2016/11/22 (Tue) 16:22 | 再編集 | 返信を書く |   

金  

ふ~~~ん???

答え難かったですか?
困らせて御免なさいね

>あんまり掘り下げない方が男女のあいだでは平和なんではないでしょうか。

と、仰って居られるので
之以上はお伺い致しませんね
只、我が家の御爺様の「可愛い」とは
チョッピリ違う感覚なのかな?
位に理解しておきます

確かに
若い方に接触したり・見て居たりすると
其の子が特別別嬪さんで無くても
<若さ故のハツラツさ>で気持ちが良く成る事は有りますね
まあ、中には????と感じる若者も居りますが
之は、若者に限らず人間全てかな?

って、何やら話題がそれて来ちゃったみたい
((´∀`*))

金の性分(?)な様で
良く言われます
話題が彼方此方に飛んで付いてイケな~~イ!
って・・・・(*´ω`*)

2016/11/22 (Tue) 19:50 | 返信を書く |   

金  

そうですね・・・

そうですね・・・

何か一人での外出(近場のスーパー・医院は別ですが)って
心細くて、中々其の1歩が踏み出せません
なのに、連れ合いには
もう、クタクタで疲れ切っているのに
「アッコ行きたいな!コッチ行きたいよ!」等と請求してしまいます
でも、何時も却下されますがね(笑
其の代りに、少しドライブがてら
近場の「道の駅」とかには、連れて行って呉れる事も有ります

近所(徒歩15~20分位)に
「お城」が有ります
桜の季節には、綺麗ですが紅葉は楽しめません(と思います)
でも、ウォーキングがてら
偶に行って見るのも有かもですね
明日は、此方方面日中冷え込むみたいで
お部屋で、冬眠かな(∩´∀`)∩

2016/11/22 (Tue) 20:06 | 返信を書く |   

hige  

Re:

なかなかのあまえんぼさんですね
あっ ごめんなさい

桜も赤くなって結構見応えがあるんですよ。でももう散ってしまったかもです。
お城って、もしかして hi・・・・ 城ですか?

冬眠はねぇ、私も殆ど冬眠状態で脂肪もほどよく回ってきています。
明日はお出かけ予定なんですが、なんか寒そう。

2016/11/23 (Wed) 16:05 | 再編集 | 返信を書く |   

金  

こんにちわ!

こんにちわ!

金の出生・生育は関東なのですが
現在居住地はhi・・・・です
其の中のFU・・・・の方です
最初に此処に来た時は
初めて見た<新幹線>と<お城>に感動しました
関東に居ってる頃は、新幹線等利用した事無いし

(修学旅行時も、金達の学年が最後の寝台利用学年やったんです←中学生の時
高校もそうでしたね、矢張り「新幹線」は利用して居ません
「寝台列車」で東北方面に行っています
高卒後の就職も私鉄1本の所でした)

家のネキ(傍と言う意味です)で見られなかったんです
見る若しくは利用するには電車で1時間弱程
乗り継いでイカンと御対面デキン所に住んで
おりましたもので・・・

鉄道マニアでも無い、大の大人が
こんなネキで、新幹線やお城を見て
感動してΣ(´∀`;)ビックリする何て可笑しいでしょ?
でも
其の時の感動は、未だに忘れて居ません
此方に来て30年以上に成りますがね


京都は、中学の修学旅行と此方に来てから、職場の先輩(女性です)と2回程行きました
まあ・・
1泊と日帰りでしたので、ホンの観光コースのチョコット部分しか行かれませんでしたけれど、中学の修学旅行の時に行った所にも
立ち寄ったら、其の頃の感動と又違っていましたね
先ず、其の観光地が中学の頃より
物凄くコンパクトに感じました
で、其の時にタクシーをチャーターして
回って貰ったのですが、真剣に運転手さんの説明に耳を傾けられていました
「ふ~~ん、そうなんだ!凄いな!」と言う感動も味わえましたが
中学の時には、添乗員さんの説明などきいていませんでしたので、修学旅行が終わって
レポート提出の時には何も解らず往生した記憶が有ります
京都・・・
又、行って見たいですね
素敵な所でした

芥川龍之介さんの「金閣寺」を読みながら
金閣寺を思い出した事も有りました
金は、好きな本の一冊です。

又、お話しが飛んでしまいましたね
御免なさい(;´∀`)  

2016/11/24 (Thu) 16:22 | 返信を書く |   

hige  

Re: 金さんへ

 関東ご出身でしたか。
 ネキ って昔言ってましたねぇ。関西でも使ってますよ。
 今は余り聞きませんが。

 京都は人気スポットへ行くと大変です。
 近隣の外国語がかなりでかい声で飛び交っていて、ここどこの国?と思ってしまいます。

 芥川龍之介の金閣寺。もしかして三島由紀夫。
 なら、なかなか渋い本をお読みで。
 でも、随分昔だったので、中身は忘れてしまってます。
 もう一度読み直してみよう。

2016/11/24 (Thu) 21:53 | 再編集 | 返信を書く |   

金  

間違えちゃったね~~(∩´∀`)∩

アハ!

間違えちゃったね!
作者を迷う何て最低やがね

三島さんの言おうとしている
難しい事は、解らんけれど
ホンマに「金閣寺」を愛していたお坊さんやな
って言うのと
表現が美しいな~~って印象が強かったです
それと
住職(と言うかな?)の嫌な面も
教えて呉れた気がします

何時か
芥川龍之介さんの「蜘蛛の糸」も読んで見たいな…思いますが
もっと、難しい文脈何やろうな


詳しい事は、全く解らんけれど
三島由紀夫さんて、何と無く「THE.JYPAN」って
感じがするんですよね


2016/11/24 (Thu) 23:31 | 返信を書く |   

hige  

金さんへ 三島と芥川

 三島由紀夫氏の小説は大昔(40年ぐらい前)に読んだきりでもう細部の事は良く覚えてませんが、
 自衛隊のまえで檄を飛ばして割腹自殺をとげたかなり特異な人物で、当時なかなか衝撃的な事件でした。
 『金閣寺』って、金閣寺に放火した人物の話だった様に記憶しています。
 幾つかの作品を読んで氏特有の美学を感じました。
 そんな印象です。

 芥川龍之介。
 なんか、剃刀の様な作家だと思ってます。
 『蜘蛛の糸』は寓意的な作品だと思います。
 むつかしいとは感じませんでした。
 『河童』なんかも同じ系列ですかねぇ。この小説は読んでるとにんまりしてしまいます。
 文脈は難しくはないんじゃないでしょうか。
 『侏儒の言葉』とかもなかなかすごいし、映画にもなった『羅生門』は人の本当の事象ってなんだと考え込ませられます。
 『地獄門』の凄惨さや、『芋粥』の全く人間的な悲劇。
 彼の本を読むと日本を代表する文学者なのは間違いないと思わされます。

 文学全集に残ってる作家はみんなすごいです。
 

2016/11/25 (Fri) 22:50 | 再編集 | 返信を書く |   

金  

こんにちわ!

三島由紀夫さんの「割腹事件」
金も、あのシ~ンは(幾度も見た所為か)脳裏に
鮮明に焼き付いています
只、本筋の事件の発端詳細(大体は解りますが)な
部分は多分理解していないんや無いかと思います
特別、調べてみた訳で無く、ニュースで知ったり
母から聞いたりですから・・・


はい!
「金閣寺」は、有る修行僧(多分)が
金閣寺の余りの美しさに
愚かな住職に授けるのは余りにも嘆かわしく思って、火を放った・・・と、記憶しております
其の時の作者の金閣寺の表現も
とても美しかった(今は、どんな表現やったかは、忘れてます(;´∀`))な~~~!
と、いう感覚が残って居ます

「羅生門」・・・映画見た記憶が有りません
今、「検索」掛けて<あらすじ>をみてみました
面白そうですね。
ホンマに、其の内に
何か読んで見たくなりました。
何時に成るのかな?思い立った時がよいのですがね

今でしょう!ですよね(∩´∀`)∩

2016/11/26 (Sat) 14:47 | 返信を書く |   

hige  

金さん 芥川龍之介はおもしろいですよ

 その気になったら、今でしょ は、正解だと思います。

 一話一話はそんなに長くありません。
 文章も平易だった記憶があります。
 文庫なら一冊が千円にもならないので読まれては。

 ネットで買っても送料無料のところが殆どだと思います。
 私のブログの広告の楽天ブックスで探されてみては。
 ネットの書店はポストにほりこんでこれるのが楽です。
 あと、クレジットとかコンビニ支払いとかそんなの嫌であれば、書店で取寄せ。

 芥川龍之介っておもしろいですよ。

2016/11/26 (Sat) 17:34 | 再編集 | 返信を書く |   

金  

こんにちわ!

こんにちわ!

昨日「大雨」の中、パパさんに本屋さん
に連れて行って貰い
単行本(芥川龍之介)を2冊買い求めました(新刊しかありませんでした)
安かったです
<羅生門><鼻><芋粥>と書いて有った
単行本を1冊
(家に帰ってみたら、短編小説が18も入ってました。こんな本は初めてです
短編小説って、コンナンなのですね)と
蜘蛛の糸・地獄変(「編」と有ると言う事は、他にもバージョンが有るのかな?)を1冊
序に<シガスカオのCD>を1枚

之は余分でした(∩´∀`)∩

前者の本にチャレンジ中ですが
あまりの時代背景の違いやら、住む世界の違いで、解らん事もヨウケイ出て来ました
金は、読むのが物凄く遅いんですで、読解力にも欠けているので
意味解らんくなると、又前戻りしたりする事も度々です
こんな金には、短編はエエかもですね
マダマダ、本題の入り口位です

最初に少し、作者の事が記されていた所を見てみました

金みたいな貧困庶民とは、掛離れた家柄で優秀な御方何ですね
35歳で自ら命を絶たれたと言うのには驚きました
「三島由紀夫」さんも家柄の良い・頭の良い御方でしたよね
矢張り、自らアノ様な最後を迎えて
頭の良い作家さんて、金には理解出来ない謎の側面が有るんですね

何時読み終えるか判らんですが
良い本を教えて頂き有り難うございました

2016/11/28 (Mon) 13:36 | 返信を書く |   

hige  

Re: こんにちわ!

おおっ
早速買われてきましたか。
地獄変?!・・あれま,私が間違ってました。そう地獄変です。
芥川龍之介は長編を書いていません。購入された本には代表作が殆ど入ってるはずです。
ピンと来ない部分は流し読みでもいいんじゃないでしょうか。
細部にこだわっていると最後まで読み切れず結局放擲したりしかねません。
解らないなりにでも最後まで読み切ると、小説の全体像や作家の言いたいことがぼんやり解ってきます。
私はそうしています。

2016/11/28 (Mon) 14:27 | 再編集 | 返信を書く |   

Leave a reply
コメントをどうぞ

ブログやホームページのURLをどうぞ

パスワードを入力すると投稿後、訂正・削除が出来ます