戯れ言葉

MS Access:レポートで文字数に応じてフォントの大きさを変える 別法

カテゴリ:MSAccess 備忘録
タグ:

 以前書いた MS Access:レポートで文字数に応じてフォントの大きさを変える で、手法を変えればエクセルと同じ書式設定が使えます。
 どうするか。
 帳票をエクセルで作って、必要なセルの書式設定を行い、これも過去記事の MS Access:エクセルシートに書込む  の方法でAccess からこのエクセルシートにデーターだけを書き込んでやります。
 つまり、Access のレポートを諦めます。
 データーを書き込むルーチンがちょっとめんどうですが、帳票のデザインは格段に楽になります。
 エクセルシートにデーターの量だけ罫線を増やすこともAccess 側からできます。
 凝ったデザインの帳票はこちらの方が便利かも。

 こうすれば、Accessでは指定出来ない小数点のフォントのポイントサイズ、日本の公文書に使われているフォントのサイズ10.5ポイント(14px)も指定出来ます。
 当然セルの中に数式を埋め込んでおけば計算もしてくれるし。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply
コメントをどうぞ

ブログやホームページのURLをどうぞ

パスワードを入力すると投稿後、訂正・削除が出来ます