戯れ言葉

長浜曵山まつり 2015 後編

カテゴリ:近つ淡海の国(滋賀)
タグ:

三番山 鳳凰山(ほうおうざん) 祝町組
仮名手本忠臣蔵 九段目山科閑居の場
(かなてほんちゅうしんぐら くだんめやましなかんきょのば)
20150414301.jpg
曵山の移動中は
上空の架空電線に引っかからない様
見張りをしています。
20150414303.jpg
辻回しも祇園祭の鉾よりは
少し小ぶりなので
そのまま人力で方向転換してました。

20150414305.jpg
抱えられて曵山へ入場。
こういう場面に遭遇すると
いかにちっちゃい子かがわかりますが
舞台上ではちゃんと大人に見えるから不思議です。
20150414307.jpg
とは言え
大星力弥(大石主税)との祝言に訪れた
小浪 のやっぱかわいいこと
20150414309.jpg
忠臣蔵のお題は去年もあったので
歌舞伎の定番かな
20150414311.jpg

20150414313.jpg
夕刻近く御旅所に向かう鳳凰山
提灯にあかりが入り
上方に大手門通りのアーケードに掛かる
子供歌舞伎の看板が

20150414315.jpg
こちらの背の模様は
祝の字?と海老?なんでしょうか。

四番山 壽山(ことぶきざん) 大手町組
鳴神(なるかみ)
20150414401.jpg
こちらは徒歩で入場でした。

20150414403.jpg
白雲坊と黒雲坊の
コミックなやりとりが爆笑を誘います

20150414405.jpg
雲の絶間姫 と

20150414407.jpg
腰元紅梅
20150414409.jpg
龍神を閉じ込めてしまった
鳴神上人と出来てしまう姫君
秘め事のシーンがユーモラスで
大受けです。
20150414411.jpg
鳳凰山の見送り幕は祇園祭のと兄弟なのですが
こちらも見事な見送り幕です。

20150414413.jpg
壽の文字の模様ですが
裾の模様も、もしかして壽の文字?
20150414415.jpg
雨の中の移動はすっぽりあつらえのシートで覆われて


その他いろいろ
20150414501.jpg
こちらが曵山が集合して歌舞伎を奉納する
長浜八幡宮
15日は屋台がでています。

20150414503.jpg
シートに覆われた4基の曵山が集合して
いま一番山の猩々丸で歌舞伎が行われているところ

20150414505.jpg
保育園(幼稚園)の子供達が先生に連れられて
順番に脚立の上で観覧です。
小学生もいっぱいいるので
この日は休みの学校もあるようです。

20150414507.jpg
今津自衛隊!!
曵手です。
お祭りの重要なお役目
この人達もなくてはならない存在なのですね。

20150414509.jpg
ワン君も紋付き袴

20150414511.jpg
大通寺に至る商店街

20150414513.jpg
たまたま諌皷山(かんこざん)が
引き出されてました。
もしかするとすべての曵山が見られるのかも知れません。

20150414515.jpg
このときも雨が降ってきたので
しまおうか って4人ほどで押して倉の中へ入れてました。

20150414517.jpg
こちらは御旅所に到着した一番山の猩々丸
夕刻にかけて
八幡宮から、途中公演を繰り返しながら
こうして御旅所に集合します。

どこかのテレビの報道に私が写ってたと
嫁が言ってました。
ついにテレビデビュー!

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply
コメントをどうぞ

ブログやホームページのURLをどうぞ

パスワードを入力すると投稿後、訂正・削除が出来ます