戯れ言葉

超簡易型ステレオマイクアンプ その1 電源部

カテゴリ:超簡易型マイクアンプ

 
 マイクアンプの電源部はAC100V 式とします。
 電圧が高いと乾電池ではどうにもなりません。9Vなら006Pがあるのですが、めっちゃ高いし。
 別エントリーのマイクアンプではこの006P乾電池を使ってました。移動式を意識してたので。
 でも、ことさら電池でないといけないシチュエーションはありませんでした。
 屋外で録音をするなら別ですが。
 電池はほっておくと液漏れが心配です。
 電源電圧は実はオペアンプの定格の+-15V まであげる方が良いと思います。
 SMA20150225008 PowerUnit
 
 回路は私のワンパターンな回路です。こんなのはもう古典ですかね。例によってLEDの電流制限抵抗は点灯しながら決めます。
 最近のLED は色んなのが出てましてピンクなんてのが売ってたり。
 高輝度LEDなら電流は数mAで済んでしまいます。あんまり流すと電源表示ではなくて照明器具になってしまってまぶしすぎたり。



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply
コメントをどうぞ

ブログやホームページのURLをどうぞ

パスワードを入力すると投稿後、訂正・削除が出来ます