戯れ言葉

村上春樹 ノルウェーの森 破綻の境界

カテゴリ:

ここ数年ノーベル賞の発表が近づく度に
ノーベル文学賞候補とメディアを賑わせる
村上春樹
HarukiNorway.jpg
村上春樹の38歳の時の作品
ノルウェイの森を読んでみました。
1987年発表
講談社文庫 上巻 2014年2月3日 第48刷
      下巻 2013年6月6日 第42刷

村上春樹の作品の中でこの作品は
特異だと言われているようで
実は
村上春樹は、むずかしい
なのだそうです。

ちょっと変わった若者の日常が
こまかで緻密な描写で綴られていくのですが
あきることを思わせず読ませてくれます。
特異な事件を通して
内省的な青年が破綻の境界をさまよう物語。
読み終わった瞬間
これはおもしろいと感じました。

村上春樹がなかなかノーベル賞が受賞できない理由に
その性描写をあげる評論家もいます。
この作品もかなり露骨な性描写が出てきます。
それは、若者特有な直截な表現で。

大昔に読んでたのを忘れてたのでした。
さらに色々読んでみたくなりました。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ノルウェイの森(上) (講談社文庫) [ 村上春樹 ]
価格:604円(税込、送料無料) (2017/9/25時点)


Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply
コメントをどうぞ

ブログやホームページのURLをどうぞ

パスワードを入力すると投稿後、訂正・削除が出来ます