戯れ言葉

京都八幡市 飛行神社

カテゴリ:京の都
タグ:

淀川東岸河原を八幡市へと
今日は飛行神社が目標。
2014091801.jpg
自転車 ランニング ウオーキング と
この日もそれぞれのスタイルで行き交う人
このえんえんと続く
車両通行禁止の道は
信号もないけど
せみ 秋の虫 小鳥の鳴き声で
けっこう うるさい。

2014091800.jpg
途中 西の対岸の山中に
先日 訪れた 山崎、寶積寺の三重の塔を発見

七月にこの道沿いで
2014091803.jpg
怪獣のような なんとも 変な 木が
2014091802.jpg
すっかり 丸裸です。

2014091804.jpg

2014091805.jpg
こちらは まだ 変なままの木
2連発

で、肝心の飛行神社は
有名な石清水八幡宮のすぐ側にあります。
本命は当然、石清水八幡宮ですが、
こちらは気合いを入れて行きたいので、
今日はパス。

この神社は
吉村昭の虹の翼で書いた 二宮忠八氏の邸宅に創建された神社です。
2014091807.jpg


2014091806.jpg
鳥居がステンレス製?
(ジュラルミンだそうです)
入り口左側にはF104 戦闘機のジェットエンジンが

2014091808.jpg
こちらは大阪湾から引き上げられた零戦のエンジンだそうです。

2014091809.jpg

中の資料館には氏が作られた、
様々な凧の自筆画像や
世界初の空中飛行をおこなったゴム動力飛行機等々
吉村昭が描いていた事、物、目の前にみられて
わくわくします。

飛行機の模型も一杯。
これは1/72 のプラモ?かな。

当然、中は撮影禁止です。

2014091810.jpg
これは裏からの飛行神社の様子ですが、
しまった。
肝心の本殿を撮るのを忘れた。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply
コメントをどうぞ

ブログやホームページのURLをどうぞ

パスワードを入力すると投稿後、訂正・削除が出来ます