戯れ言葉

宮崎駿の風立ちぬ その2

カテゴリ:映画 ドラマ

著名な物象を借りた恋愛ドラマ。

著名な堀辰雄の小説名を借り、
更に日本の飛行機工業の世界的な設計者、
太平洋戦争で海軍航空機の国防のキーを作った堀越が主人公。
こうくれば子供ではない大人な人たちは誰もが注目するでしょう。

私が感じたのは冒頭の通り。

スカートのひるがえり、
人声での機械音。
そんな、マニアックな精緻な表現。
それが、全体のストーリーに全く寄与していないのが淋しい。
宮崎駿の世界もすでに終わってから久しい。

理由はともあれ、こんなアニメを契機に柳田邦男とか吉村昭とかの、
本物の
生きてきた日本人
貴方のじいさん達の本当の世界を知るべし。

堀辰雄の同名の小説や
堀越が零戦を作り出していく課程を淡々と描いた柳田邦男の名作
零戦燃ゆ。

この名作を前にして彼はなにを新しく描きたかったのか?
2019/8以前にいただいた拍手を誤って消してしまいました。ごめんなさい。
  • Twitterでシェア
カテゴリ:映画 ドラマ

 同じカテゴリーの記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply
コメントをどうぞ

ブログやホームページのURLをどうぞ

パスワードを入力すると投稿後、訂正・削除が出来ます