戯れ言葉

Dell Dimension8400 電池交換

カテゴリ:パソコン ハード
タグ:

長年使ってきたDimension8400 ですが、2004年11月に買ってますので、
丁度10年めに入りますが、
数ヶ月前から電源投入後、エラーメッセージが出だしてまして、
20140210 01 Alert

バッテリー低下の警告なのだそうです。
F1 キーを押しさえすれば使えるのですが、その間にネットで検索です。
私が参考にさせていただいたのは、
デスクトップパソコンのボタン電池(リチウム・バッテリー/コイン型バッテリー)の交換 奮闘記
という所で、電池の種類や作業の苦労談などが書かれてまして、
色々参考になります。
また、こんな作業の前には、
ハゲでも使えるWindows さんの、
パソコンのサポートを受けるときにしておくべきこと
に書かれてある処理をしておくのが良さそうです。

20140210 02 CR2032

これが電池で、家電量販店で買ってきました。

で、最初にしておくべきことで、電源ケーブルを抜いて一時間放置ですが、
作業がやりやすいようにケーブルは全て抜いてしまいました。
20140210 03 PC
これでコンデンサーに残っているエレキテルは放電されてしまい、
悪さはしなくなります。
(多分 そういう意味のはずだと ・・・・)
20140210 04 Battery
電池はここにありました。

20140210 05
電池のここに爪がありますが、これを手の爪で奥へ押して、

20140210 06
矢印の部分をピンセット(実は毛抜き)で引っかけて上に軽くひっぱってやると
簡単にとれました。
と云うより、飛んで外れました。

で、復旧し動けばめでたしめでたしですが、
ブルーバックエラーの0x0000007B がでて立ち上がりません。
ここでネットで情報を集めておいたことが役にたつのですが、
いい空で いい笑顔 さんのそのものずばりの、
0x0000007B の記事で解決です。
20140210 07 BiosSet
Bios ->Drives ->SATA Operation
の設定が AHCI になってるのをATA に変更します。
私の場合は、これでようこそ画面まではたどり着いたのですが、
今度はマウスが動きません。
USBの差し込むポートを変えたからかもしれません。
TAB キーを押すとたまたま先頭の使用者のパスワード入力が出来るようになったので、
無事立ち上がり、マウスも認識してくれました。
あとは日付時刻が完全に狂ってますのでこれも設定し直し。
これでは全くの素人では手こずるかもしれません。

さて、困ったことにWinXP と Office2003 のサポートの終了です。
TrendMicroなどはそれなりにしばらく対策してくれるようですが、
ソフトそのものの根本的なセキュリティホール対策は終了しますので、
今の世の中、近隣からのサイバー攻撃の手先に私がなってしまう可能性がある事は耐えられません。
解決策は、PCを買い換えるかOSの変更です。
これもネットで探してみると、
なんと Dimension8400 のスレ が2チャンネルに立ってるではありませんか。
win7 にOSを乗り換えることが可能なようなので準備をすすめているところです。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply
コメントをどうぞ

ブログやホームページのURLをどうぞ

パスワードを入力すると投稿後、訂正・削除が出来ます