戯れ言葉

宮崎駿 風立ちぬ

カテゴリ:映画 ドラマ

なぜ、いま堀越なのか。
風立ちぬは堀辰雄の青春小説だったような気がするけどもう内容は忘れてしまった。
この年になって読み直すのも気恥ずかしいというか・・・
年齢で、もうそんなことはかんがえたくもないとうことだけど。

一番気になるのは堀越二郎が主人公と云うことですが、
この人が歴史に名を残した事情は柳田邦男氏の零式戦闘機が名著で詳しい。
そんな、この前にあった日本人みんなが、
新聞が、マスコミが、あおった、
敵国を抹殺せよと・・・。
そんな太平洋戦争。

そんな事どもをちゃんと描かずに、
お涙頂戴なロマンチックアニメにしてしまっていないかが心配です。

柳田邦男やちゃんとした太平洋戦争の本を読んでない人に、
誤解をさせない物語になっていることを期待しています。

日本の映画やテレビドラマで、太平洋戦争を描いたものは駄作ばっかり
というより、偏向しすぎだもの。

次は戦艦大和を製造したブロック工法や、
ガントリークレーン、
そしてその工程管理や秘密管理をシリアスに描いた映画を作って欲しいなぁ
2019/8以前にいただいた拍手を誤って消してしまいました。ごめんなさい。
  • Twitterでシェア
カテゴリ:映画 ドラマ

 同じカテゴリーの記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply
コメントをどうぞ

ブログやホームページのURLをどうぞ

パスワードを入力すると投稿後、訂正・削除が出来ます