戯れ言葉

ヘッドフォンアンプ A47 その7

カテゴリ:ヘッドフォンアンプ

状態変数型発振器のテストで使って
 チンチンに焼けてベークの焼けた匂いさえした LT1364
を差してみました。
で、Alban Berg のヴァイオリン協奏曲ですが、ちゃんと音が出てます。
タフなIC ですねぇ!
040 Berg
OPA2134 との音の比較ですよねぇ・・・・・
良く分りません・・・
でも異常なく普通な音はでてます。
で、ここで 笑 とか w とかを続けて書くのが一般的らしいですが、
私は書きません。
本当は10kHz以上の方形波を突っ込んで
オシロ観測でなんかの違いが出てくるのかでないのか。
やっぱ、オシロが欲しい。

このオペアンプですが、気になる話がありまして、
『JAZZ&AUDIO』 ジャズボーカルとその魅力を引き出すオーディオ・アナログデバイスの話題

の記事の中のOPAMP IC に再生品があるという話。
031 OpAmp
おかげさんで裏面に製造刻印がありました。
このOPA2134 ですが、色んなとこで使って抜き差ししてきたもので、
足がヘロヘロになってます

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply
コメントをどうぞ

ブログやホームページのURLをどうぞ

パスワードを入力すると投稿後、訂正・削除が出来ます