戯れ言葉

パーツとかアンプの配置やデザインとか

カテゴリ:ヘッドフォンアンプ

日本橋(大阪はにっぽんばしと言います)へ出かけて
マルツパーツ館で、なんか中途半端に買い込んできました。
20121021.jpg
タカチのMB-12 という廉価版のケースはヘッドフォンアンプのトライ用で,
TOYOZUMI の電源トランス 6V0.2A×2 とかケミコンもその流れです。
001 A7 AMP CaseDesign
なんてものを作ろうと企ててます。
ヘッドフォンアンプのケースと言えばタカチの HEN110420 が定番で
Dsn FET Case020
その作例のひとつですが、
使用がってを考えると
こんな配置にしかならないようですね。
ヘッドホンプラグを差し込んで音量調整をしようとすると、
右利きの人間には
真ん中がジャックで
右がボリュームの、こんな配置になります。
Dsn AudioTechnica ha25d_zu3
とあるメーカー製で
良さげなデザインもこんな感じです。
ま、捜せば色々あるのですが・・・

で、1ヶ 882円也のOPAMPも2ヶ買ってしまいました。
LT1364 なんですが、
GB積 70MHz でスリューレート1,000V/μs と云う代物です。
低周波発振器の自作の流れで、
OPAMPのスリューレートは
2πVo・fmax
より大きくないといけない
という事を無視していたというか、
気にもしてなくて、
したがって計算もしてなくて、
1MHzでは63Vぐらい必要なんですが、
指摘をいただきまして、
おおっ!そうなのね。ということで、
OPA2604 では25Vしかありません。
で、色々あるのですがDIP8P ではシングルが大勢です。
デュアルパッケージでも色々あるのですが、
如何せん全然売ってません。
普通に売っている物はLT1364 しかありません。
それも今のところマルツしか手に入りません。
ま、幸い、店頭販売されてました。

これを例の状態変数型発振器に使用してみようというのですが、
なんとなく怖い。
これを挿しても動作しなければ、完全に制作上の不具合と云うことになるんで。
じゃ~ん。
結果やいかに・・・


MB12
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タカチ電機工業 MB型アルミケース 【MB-12】
価格:997円(税込、送料別) (2017/8/12時点)



HEN110420
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タカチ電機工業 HEN型放熱ケース 【HEN110420S】
価格:3445円(税込、送料別) (2017/8/12時点)



LT1364
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

LINEAR TECHNOLOGY デュアル高速オペアンプ 【LT1364CN8...
価格:1033円(税込、送料別) (2017/8/12時点)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply
コメントをどうぞ

ブログやホームページのURLをどうぞ

パスワードを入力すると投稿後、訂正・削除が出来ます