戯れ言葉

三國志II

カテゴリ:ゲーム

昔、Win95 時代に嵌まっていたゲームソフトで三國志II というのがありまして、
WinXP の互換モードでWin95 のソフトで動く物があるという情報があったので、
やってみると、なんとしっかり動くではないですか。
000 画面
じゃーん 使者が来てます。
001 Openning
パソコン用ゲームがたくさん出てた時期で、このイラストのパッケージが素敵でした。
劉備で始めるか、曹操で始めるか、孫堅か、
初級で始めるとそれぞれのシチュエーションが楽しめて、
小説で知った世界を思い浮かべながらゲームできます。
陳舜臣や北方謙三は素敵ですねぇ。
002 SelectGame
どうせロリコンですから、14歳の少女を新君主にして配下も16歳の少女にします。
003 GameStart
女性の画像もちゃんと用意されていて無骨な三國志の中での
こんな可憐な君主が登場するのは
今風な、アニメの主人公風でいいんじゃないでしょうか。
で、実はデーターのある場所
004 君主
005 第一部下
の様に、知力,武力,魅力を書き換えてます。
全部を100にすることも簡単ですが、
そんなことをすると全然おもしろくないので、君主はあえて武力70とか、
微妙な数値にしておく方が楽しめてます。
どこかに人間同士の相性のキーが設定してあるようで、
これは結局見つかりませんでした。
顔の画像は別のデーターに納められていて、
昔、解析して、突き止めていたのですが、資料がどこかへ行ってしまいました。
あと、生年月日もなんか、作り込みされているような気が・・・
勘ぐりしすぎかもしれませんが。
006 After9years
9年戦った結果の版図です。
最初の2~4国まで版図を広げるドキドキ感と、
2桁の範囲に広げる戦略は全然違ってきます。
賭けに近い初期戦略の方が楽しいですが、
戦略を作り上げて攻めていく中期は結構辛抱が要りますねぇ。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply
コメントをどうぞ

ブログやホームページのURLをどうぞ

パスワードを入力すると投稿後、訂正・削除が出来ます