戯れ言葉

ビルや地下街などで火災が発生したときエレベータは使えない!

カテゴリ:テレビ
タグ:

投書した文面をコピーしておくのを忘れてしまって。
大阪の読売テレビがちょっと怖い報道をしてたので突っ込みを入れておきました。
結構重大なことなので、ここに記しておきます。
大阪梅田の地下街で火災があったことに関してですが、

ベビーカーや車いすで、火災時逃げるのには階段を利用できないので、
エレベータを利用したいが、殆どのエレベータは隣接しているビルにしかない。
また、そこへの誘導標識がない。

と云う主旨の報道です。

防災 (消防設備) 関係に従事している方達にとって、
この報道に、大きな過ちがあることに気づいているはずです。
火災時エレベータは使用出来ません。
消防法で、火災があったときエレベータは避難階に強制着床しなければならない。
避難階は外部地上に出られる階で、普通は1階です。
まれに2階や地下1階の場合もありますが。
つまりエレベータは火災があったときは通常1階に強制移動し、停止します。
他のエレベータ前の押しボタンの情報を無視します。

自動火災報知設備の受信機が火災と判断したときは
この指令をエレベータ監視盤に出し、
エレベータ監視盤は上記の動作を実行します。
法通り設置されていれば上記の動作を行わなければなりません。
また、ビルはこのように出来ていなければ、ビルの使用開始許可がおりません。

で、読売テレビはこんな当たり前の法律も知らなくて報道してしまってます。
恐ろしい!

そんなことを知らなくて、火災時、エレベータを探して、
で、動かない!!
読売テレビの報道で言ってたのに!

火災時は間違ってもエレベータを捜してはいけません。
自力で階段を使用するしかありません!
そういう風に今の日本のビルは作られているのです。
良い悪いでなくて、それが現実です。

Comments 2

There are no comments yet.

ふみちゃん  

No title

にゃはは・・・。そうですよね・・・。エレヴェータ監視盤(制御盤)と『連動』されていれば・・・。
大阪の地下鉄火災で、非常放送の自火報連動がされてなかったとの報道がありましたね。
ドッキドキですよ、その手の報道は。業界を離れてイクヒサシイし、ま、過去、多少のチョンボがあったとしても(!?)、その後の法廷点検でチャラになってることを期待してますが。

ただ、誤報や連動による運用上の不便さで、切り離し運用をしているところもたくさんあるのが事実。なんとなく、憤りを感じつつ・・・

先日、どこかの報道系番組で『吊天井構造』を放送してました。大地震に耐えられないだの、耐震補強(吊ボルトに鋼材(寸切りじゃなくね)でのブレス処置)をしたほうがいいだの、実際はコストの面でされてないところが多いだの・・・
で、幕構造の天井を紹介して、(どっかの大学の先生が推奨してました)こっちのがいいだの・・・。
んな、ヘロヘロの幕天井に設備はどないやって付けるんぢゃ!!
弱電屋のコスト高になるようなことばっかり推奨してやるな!!!

なぁ~んておもいながら・・・みてました。

ま、確かに、石膏ボードがンm上の高さからバクバク落ちてきたらたまりませんが・・・
防犯カメラや放送用スピーカ(音響用は別ね・・・デカイの多いし、そんなんはきちっと吊ってるし)なんかは、ボード頼りなとこ、ありますもんね。やっぱ、考えもんなんやろなぁ。
これからの時代に即したかたちにするには、コストも時代に即したかたちで見積もってもらわないとねぇ。いつまでも『下請けがワリを食う』っての・・・。なんとかならないもんですかねぇ。どの業界も。
がんばれ!東電の下請けさん!!

しかし、電動車椅子とかの人が地下街で非常事態にあったときはどうやって逃げるんですかねぇ・・・??
階段の横にくっついてる昇降装置みたいのは、非常時に使えるんですか??

便利になったってのは『常時』だけで、緊急時のことってなぁんも考えないの、日本人の癖ですかねぇ・・・。

2012/02/28 (Tue) 01:08 | 返信を書く |   

hige  

Re: No title

車椅子とかは、地下街だけでなくて大型の商業施設でも逃げようがないです。
避難用スロープがあれば良いですが、そんなもん普通はありません。
あるとすれば、建物にくっついてる駐車場用のスロープです。
でも、多分、車用スロープは危険です。

2012/02/29 (Wed) 19:33 | 返信を書く |   

Leave a reply
コメントをどうぞ

ブログやホームページのURLをどうぞ

パスワードを入力すると投稿後、訂正・削除が出来ます