今城塚古墳

カテゴリ:私のまち高槻
タグ:

今城塚古墳。
継体天皇陵は本当はここではないのかと言われている古墳です。
この古墳は宮内庁の管轄ではありません。
それだけでも不思議な運命の古墳です。
それに、継体というその名前からしてあやしい天皇は、
昨今の古代史で色々問題視され、なかなか興味深い書物がでてますねぇ。

宮内庁の管轄でないことは、発掘調査を阻むものがないというプラスの理由と、
01 古代歴史館 道路案内 逆に、管理されてなかったことによる墳墓のいく末は、
結局、盗掘の憂き目にあって、エジプトの古代墳墓と同じ運命です。

今城塚古墳は、そんな理由から侵入に関して昔から殆ど保護されてません。
何年か前に訪れた時は、住宅地に接する裏山という状態で、
子供達が遊び回ってたし、
墳墓の頂上は木々に覆われた近所の人々の格好の遊び場でした。

でも、その当時には既にここは継体天皇陵と言われてました。
その時撮ったデジカメが残ってなくて、その状況は伝えられないのですが。

今年、「今城塚 古代歴史館」という立派な建物もでき、
墳墓の整備もされ、やっとそれなりに、古墳やで!!
02 古代歴史館

歴史館内は撮影は禁止されてなくて、三脚とフラッシュは禁止ですが、
こんな写真が撮れてしまいます。
04 館内
今も、この古墳は出入りが自由です。
何ケ所か、出入口があるのですが、特別な入場条件を設定してません。
と言うより、入場は完全にFree です。
03 入口
こんな風に一般道路に面した何カ所かに入口があるのですが、
そこには駐輪場まであって入場制限はありません。
05 頂
古墳の頂というか、一番高いところには、踏み固められた、道がついてます。
その、所々に、調査後の真新しい碑が設置されてます。
06 埴輪

埴輪の行進は圧巻です。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply
コメントをどうぞ

ブログやホームページのURLをどうぞ

パスワードを入力すると投稿後、訂正・削除が出来ます