戯れ言葉

あとがきと云うエッセイ

カテゴリ:

殆どの小説の最後には、「あとがき」と云うエッセイが付いてます。
私の大好きな本の「剣客商売 : 池波正太郎 /新潮文庫」のあとがきは、
常磐新平氏が全部、書かれてまして、ここを読むのも楽しみの一つです。
一冊を読んだ後で、氏がどんな感慨を書いてくれるのだろう。
それは、小説本編の楽しみに更に追加された、
所謂、おまけでない楽しさがあります。
氏の、このあとがき群は、
「そう!そうなんですよ!」
といった、凡禺の共感をときめきのレベルにまで上げてくれます。
読者である私が三冬に引かれる気持ちを、 
氏は 「そう!それっ!」という、最適な表現で書いてくれてまして、
最高の読書感想文がいつも楽しみです。

たまに、あとがきのない本や、おもしろくないものもあるのですが、

小説を読んでるとき、とくに、素敵な本と出会えて、どきどきしながら読んでる本は、
後書きが楽しみです。

このあとがきでは、著者の歴史や、背景や、とかが書かれていて、
へたな教科書なんぞ足下にも及ばないのでは。
そんなあとがきで紹介された著作者の他の本や、
関連する本たち!

あとがきは私にとって、本編に続く大切な第二編です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

剣客商売(1) 剣客商売 (新潮文庫) [ 池波正太郎 ]
価格:637円(税込、送料無料) (2017/9/25時点)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply
コメントをどうぞ

ブログやホームページのURLをどうぞ

パスワードを入力すると投稿後、訂正・削除が出来ます