戯れ言葉

大徳寺塔頭 瑞峯院

カテゴリ:京の都
タグ:

臨済宗 大徳寺派
大徳寺塔頭   瑞峯院 ずいほういん

室町時代、1500年代に
大友宗麟が菩提寺として創建したもの


独坐庭とある石標

四角、四角に巡らされた延段


唐門


庫裏

方丈前の独坐庭


右に蓬莱山を表す石組 
山岳から連なる半島に
押し寄せる荒波


方丈
右奥は唐門の内側


方丈の瑞峯院という扁額

茶室 餘慶よけい


石に縄を巻き付けて置いてあるのは
通行止めの表示

閑眠庭


茶室 安勝軒

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply
コメントをどうぞ

ブログやホームページのURLをどうぞ

パスワードを入力すると投稿後、訂正・削除が出来ます