戯れ言葉

東福寺塔頭 光明院

カテゴリ:京の都
タグ:

東福寺塔頭
光明院
臨済宗東福寺派

南北朝の1391年開創と
今の建物は
明治44年(1911)再興されたものらしい。

雲嶺庭


拝観は志納料として
竹筒へ

波心の庭
奥に皐月サツキ躑躅ツツジ
その上部に
茶室蘿月庵らげつあんがあるらしい

三つの石柱が三組あり
それぞれ
釈迦三尊
阿弥陀三尊
薬師三尊を
表すとか

書院

一枚板の床


方丈(本堂)
扁額には
寶珠山とある


茶室両行庵


茶室観庭楼

Comments 6

There are no comments yet.

bodai_ju  

どちらかというと、臨済宗寺院の庭園は、スッキリした感じの作りが多いですね。
そこが好きなんですけども・・・・。

2020/08/01 (Sat) 16:04 | 返信を書く |   
hige

hige  

To bodai_juさん

>臨済宗寺院の庭園は、スッキリした感じの作り

そうなんですか。
宗派の違いによる庭園の違いはよく解りません。

2020/08/01 (Sat) 18:18 | 再編集 | 返信を書く |   

ちゃもちゃも25  

一枚板

一枚板の廊下って凄いですね。
私はお西さんの金堂でしたかね?あそこの階段が板でなくて柱で出来ていることを知った時もビックリしました。流石に京都のお寺さんはすごいです。

2020/08/05 (Wed) 19:45 | 返信を書く |   
hige

hige  

To ちゃもちゃも25さん

西本願寺というと御影堂か阿弥陀堂に上がる階段の事ですかねぇ。
そうなんですか、板じゃないんですね。
ちっとも気がつかなかった。

今度行ったらよく見ておこうと思います。
西本願寺には飛雲閣という面白そうな建物があるんですが非公開です。
特別公開があるかも知れないのですがそれを待つしかないです。

2020/08/05 (Wed) 20:25 | 再編集 | 返信を書く |   

金  

To higeさん

higeさん、こんちで御座りまっす(∩´∀`)∩。

何か「日本画」を見ている様な感じがしました
って、写真やから・仲間に成るのかな?((´∀`))
higeさんは、きっと 何時もの通りに心の思う侭に「カシャッ!」ってしたんやろうけれど
何やら、今日の金には 何時もの「写真」っていう感じがせんでした
何時もにも増して執っても「素敵」です!
心、落ち着きます。
「日本画」って表現が正しいか判らんですが、暖かいです
今、お外は ガンガンの御日様で暑くて出られる状態やありませんけれど
エアコンの効いているお部屋で拝見させてモロウテて
「エエナ~~!」って感じました。

漠然とした感想でごめんさいですが、今の金の感想やったから・・・・

「熱中症・コロナ」エライ事になっていますね
気を付けて行きましょうね、お互い。


2020/08/06 (Thu) 13:11 | 再編集 | 返信を書く |   
hige

hige  

To 金さん

お褒めの言葉を戴き感激しております。

ただあんまり自覚はないのです。
少しずつ撮り方が変わってきてるのかなぁ と。

長い梅雨が明けたらいきなり猛暑で、出かけるつもりだったのですが、かっとする日差しに負けてやっぱり今日も引きこもりになってしまいました。

明日はでかけるぞ! と  多分。

2020/08/06 (Thu) 22:54 | 再編集 | 返信を書く |   

Leave a reply
コメントをどうぞ

ブログやホームページのURLをどうぞ

パスワードを入力すると投稿後、訂正・削除が出来ます