戯れ言葉

豊国神社・方広寺

カテゴリ:京の都
タグ:

 豊国とよくに神社(ほうこくさん)

豊臣秀吉を祀る神社
明治13年(1880) 旧方広寺大仏殿跡の当地に再建

色々出自が謎めいた
国宝 唐門


もともと天皇家の桐の紋

豊国神社に隣接する
天台宗 方広寺ほうこうじ


豊臣家没後
現在の京都国立博物館付近に
雨ざらしになっていたという
重要文化財の梵鐘


白く囲まれた部分が
有名な
「国家安康」「君臣豊楽」と書かれた部分


天井に天女の絵


大仏殿跡
文禄4年(1595)に完成した大仏は
4度の被災の後
更に再建されたらしいですが
昭和48年(1973)にも消失。
現在はご覧の通り。

奥に豊国神社の本殿の背面が見えます。

Comments 2

There are no comments yet.

金  

( ゜▽゜)/コンバンハ~~~!

higeさ~~ん!おっぴさで御座ります(*- -)(*_ _)ペコリ。
ホンマに、金はFC2もFBも、更新せんとほったらかしですわ(lll>Å<)ゞャベッ
でも
金・・・元気に生きてま~~~~~ス!??(。´▽`。)??

ほ~~~~!
かの、御主人様の下駄を温めて大出世した「藤吉郎さん」のお墓何や。
「秀吉」さんは、凄いよね!何のコネも無くして「自分の力」で天下執ってもうたんやもんね
まあ・・・その方法は、賛否両論で「エエともアカンとも」金には、判断し兼ねるけれど
【天下を摂った】いう事実(やと思うけれど・・・)は、凄いと思う。
まあ、豊臣家が崩壊してもうたんやけ,仕方ないんやけれど
「秀吉さん」のあの「豪華絢爛」の影も見えん お墓に成ってもうたね。

。。。。。。。。

何箇所か記事拝見させてもらいましたが、もう「秋」何ですね。
こんな事言うてる間に、又 暮が来て歳が明けて1つ又寿命が延びますんですね
ホンマに、1日は、長いのに1年は「あっ!」との間にすぎていきますね
金は何時の間にか100歳とか(;`・ω・)ノ ?===≡≡≡【えぇ?!マジ?】(☜シブトク長生きしそう)

higeさんは、金と違い精力的に記事更新されてますし
外出もサレテ、素晴らしい思います。
之からの時期も、外出には段々心地良いじきですよね。
又、素敵な記事更新して下さいネ・・・オサボリ金でした(*^-^*)

では、では・・・又何時か!(^.^)/~~~

2019/09/27 (Fri) 23:19 | 再編集 | 返信を書く |   
hige

hige  

To 金さん

 >1日は、長いのに1年は「あっ!」との間に

 それは確かに言えますね。
 私もいつまで動けることやら。
 ついつい呑み過ぎて、翌日は二日酔いで午前中は死んでることが多いです。
 酒が止められんのです。アル中ですね。

 少し涼しくなってきたんですかね、でも台風やら雨の日も多くて、秋雨前線とやらがうろうろしてます。

 秀吉の墓所は実はここのもっと東にあります。この日はくたびれて、よう行かんかった。

2019/09/29 (Sun) 17:06 | 再編集 | 返信を書く |   

Leave a reply
コメントをどうぞ

ブログやホームページのURLをどうぞ

パスワードを入力すると投稿後、訂正・削除が出来ます