旧三上家住宅

カテゴリ:その他のMy風土記

京都府宮津市にある
旧三上家住宅
国指定重要文化財

三上勘兵衛が
安永5年(1776年)に
ここに屋敷を構えたのが
天明3年(1783年)に消失

その12月には主屋が再建がされたとか


酒を造る為の米を蒸す大釜


様々なお酒の試験器具


今でなら学習机と言うのの上に置かれた
灯明台
火のしというアイロン


アカミミガメではなかった


見事なお仏壇がすごい


近くにあったキリスト教の教会
宮津教会堂
明治29年(1896年)建造

今回は行けなかったのですが
近隣には文化遺産が結構あるようで
もう一度ゆっくり来てみたい

Comments 2

There are no comments yet.

Janedoe1471  

すごい仏壇

こういう家を、豪商というんでしょうか。
さぞかし、たくさんの使用人がいたことでしょう…おしんのような境遇の少年少女が、年季奉公に出されたりしていたんでしょうか。
今では、その年頃の少年少女たちは、スマホを握りしめて、離さない^^

2019/07/03 (Wed) 20:21 | 返信を書く |   
hige

hige  

To Janedoe1471さん

ほんとに見事なお仏壇。
豪商のこんな公開の所でしか見ることなんかできないですね。
奉公に来てた子達はそうなんでしょうねぇ。

孫達だけではなくて40歳台になった私の子供ども達もスマホを離さない。

最近はじじいの私も、スマホでお気に入りの評論家や作家のツイッターをしょっちゅうチェック。

2019/07/03 (Wed) 20:53 | 再編集 | 返信を書く |   

Leave a reply
コメントをどうぞ

ブログやホームページのURLをどうぞ

パスワードを入力すると投稿後、訂正・削除が出来ます