戯れ言葉

越前海岸 令和元年5月

カテゴリ:北陸
タグ:

日本海に面する越前海岸

運転手の事などそっちのけで
車窓から撮ります

当たり前の話ですが
運転手は私のことなどかまってません
彼は前後の車の流れに集中してまして
私の事など意識に入ってない


道路が海岸の きわを走るのは
過去に津波の記憶などなかった
なのかもしれない


開けた所などなくて
山が海岸に迫っています


灯火を並べているのは
烏賊釣り漁船
のようです


崩落の工事中で
仮設信号の交互通行
昨年の台風の惨禍なのでしょうか


至る所に
垂直に切り立つ
断崖絶壁

 呼鳥門 こちょうもんという所


岩肌が抉られて
橋のようになっています

呼鳥門の近くにある
すいせん 廼やしろ
愛染明王洞


崩落の規模が大きくて
海側へ大きく張り出した
仮設の迂回路
画像の左側が仮設の迂回路です。

崩落した岩石を取り除くだけでは
根本的な解決にならない
そんな対応と感じます。


バス停の数メートル先は海

この遙か沖合で
Japan Coast Guard が
命を賭してる

Comments 2

There are no comments yet.

シロプリ  

今回は、本当にお世話になりました。
改めましてお礼申し上げます。ありがとうございました。

さて。記事の中で車の中から撮影との事ですが、私も海外旅行ではツアーなので思うように写真が撮れないので車窓からの写真も多いのですが、最大の問題はピント合わせが遅いことですね。
私のコンデジやEOS・kissでは本当に何度もシャッターチャンスを逃しています。
フルサイズのピントの早いカメラが欲しいのですがこの両方を叶えると、とても高価ですよね。
手が出ません。中古で良い物があるかな?

2019/05/30 (Thu) 22:04 | 返信を書く |   
hige

hige  

To シロプリさん

 お役に立てて良かったです。
 やっぱり第三者に完全な形で手渡すのは難しいですね。
 今後も、なにか手入れが発生すればお節介する事があるかもしれないです。

 車内からの写真は、今回初めて挑戦したのですが、もう殆どお遊びで、それなりに撮れていればと云うのと、ある程度のこんな感じと、撮ってみました。
 やっぱピントは重要だと思います。
 シャッター速度は速いほうがいいとは思いますが、流れるのも面白いんではないですかね。
 私のカメラは EOS 70D ですが、それなりに慣れてきた結果と思います。
 5D MKⅣが欲しいのですが、何時になることやら。

 ちなみに、設定は、親指AF、AFはAI SERVOなのでAFスイッチを押しっぱなしと云う感じですかね。絞り優先でISO800 F11 1/500ぐらいです。明るい所が白潰れにならないように露光補正が-2/3なので元画像はものによっては暗くなります。連写モードで撮りました。
 少々暗い画面は後処理でどうにもなりますが、ピントは重要ですね。でも、こんな動いている被写体は手動でピントを再調整できません。
 なので絞りを絞って撮ることにしてますが、CANONは、AFはレンズの性能が絡むようで、いいレンズほど、AFが早いようです。

 あっ すいません つい 饒舌になってしまいました。
 

2019/05/30 (Thu) 22:47 | 再編集 | 返信を書く |   

Leave a reply
コメントをどうぞ

ブログやホームページのURLをどうぞ

パスワードを入力すると投稿後、訂正・削除が出来ます