戯れ言葉

多賀大社の節分 2019

カテゴリ:近つ淡海の国(滋賀)
タグ:

今年の節分は滋賀県の多賀大社へ
一時間前でもちらほらだった人並みが
儀式が始まる頃は一杯の人

京都の人気スポットの様な
場所確保するおっさん達が少ない

舞殿から煙が出てきて
 因原神楽団 いんばらかぐらだんによる
鬼夜来が始まります。

神官や還暦/年男、年女の人たちによる
鬼はそと!

福豆が
撒かれます

Comments 4

There are no comments yet.

ぷーさん  

こんにちは

こんにちは

神社の節分祭ですね
凄い鬼のお面ですね
迫力があります

実家に居た頃は、氏神の
長田神社の節分
鬼追いと言う儀式がありました(多分今も)
5匹の鬼が舞います
今もって思い出すと怖い鬼の面でした

2019/02/10 (Sun) 17:07 | 返信を書く |   
hige

hige  

ぷーさんさんへ

長田神社でもあるのですか。
じつは、こんな鬼夜来の儀式のあるのは、仕事を辞めて写真を撮る様になってから初めて知りました。
あちこちにあるのですねぇ。
そう言えば京都の千本釈迦堂でも鬼追いと言ってます。ここでは鬼に豆を本気で思いっきり投げつけてるのにびっくりでした。
今時運営をするのも大変だと思うのに、こんな神事はずっと続いていてます。


2019/02/10 (Sun) 18:09 | 再編集 | 返信を書く |   

金  

d(*'∀'*)bこんばんゎ

へ~~~~~!
hige さんの所も、ぷーさんの居った所も ホンマに「鬼退治」みたいな節分祭何やね
金の此の辺の節分祭は、全く行った事無いからどんな物なのか知らんけれど
東京の田舎に居った頃の神社(其処では、大きい御祭りもする地域では、1番有名な神社)では
節分祭には、お社言うんかな?神社の上の方から、
芸能人や神社の関係者(宮司さんとか・巫女さんとか)が、「鬼は外・福わ内」と叫びながら
豆をまいていただけでした。他にも何か在ったのかもですが 記憶には無いです。
ですから、人が鬼の面を被って豆撒きするのは、個々の家だけやった思います。
コッチに来て、若い頃は幾度か連れ合いと2人でしましたが、今頃は恵方巻を食べる位です
因みに、東京に居った頃に恵方巻等ありませんでした。
此方に来て、ビックリ!しました。

2019/02/10 (Sun) 21:14 | 再編集 | 返信を書く |   
hige

hige  

金さんへ

 私の昔の節分の記憶は、家のあちこちに豆をまく事だけです。
 ぷーさんへの返事にも書きましたが、いろんな神社でこんな神事のある事を知ったのは、仕事を辞めて写真を撮りだしてからです。
 はじめはどこそこで舞妓さんが豆まきをやるらしいとかでした。こんな鬼を配して行事が行われてるのはなかなか面白いです。
 節分って年に1日しかなくて、また殆ど一カ所しか回れません。今年はもう一カ所時間的に行けそうな所があったのですが、雨が降ってきて中止しました。
 なので、違う所に行くには来年まで待たなければなりません。

 恵方巻を食べる風習も関西から始まったとかですね。
 私は滋賀県の長浜生まれですが、両親は京都の人間です。でもそんなことはやってません。どこで何時発祥したのでしょうね。

2019/02/11 (Mon) 16:31 | 再編集 | 返信を書く |   

Leave a reply
コメントをどうぞ

ブログやホームページのURLをどうぞ

パスワードを入力すると投稿後、訂正・削除が出来ます