戯れ言葉

二尊院 2018

カテゴリ:京の都
タグ:

天台宗 小倉山おぐらさん
二尊教院華台寺にそんきょういんけだいじ
小倉山 二尊院
20180911001.jpg
総門

20180911002.jpg
総門を入ってすぐ左側のお店
茶所四季庵
20180911003.jpg

20180911005.jpg
本堂に至る長い紅葉並木の参道

20180911004.jpg
西行法師の庵跡

20180911006.jpg

20180911007.jpg
高浜虚子の句碑

20180911008.jpg

20180911009.jpg
黒門

20180911010.jpg
勅使門(唐門)
20180911011.jpg
扁額 小倉山
勅額 後柏原天皇とある

20180911012.jpg
本堂
20180911013.jpg

20180911014.jpg

20180911015.jpg
扁額 二尊院
勅額 後奈良天皇

20180911016.jpg
二尊院住職が使用された駕籠

20180911017.jpg
重文
木造釈迦如来立像
阿弥陀如来立像
が祀られている
20180911018.jpg
お庭の向こうに見えるのが
御園亭みそのてい

20180911019.jpg

20180911020.jpg

20180911021.jpg
六道、六地蔵の庭
うち、三体のお地蔵様が見えます。

20180911022.jpg
位牌堂
扁額 御霊屋

20180911023.jpg
弁財天堂

20180911024.jpg
鐘楼は大きくなく
また、いつでも撞いていいそうです。
右奥の柱元に旧の梵鐘が置いてあります。

20180911025.jpg
藤原定家の時雨亭跡
20180911026.jpg


ここ二尊院の墓地は
その形が私には見慣れない形で
東南アジアに行ったような気にさせます。
20180911027.jpg

20180911028.jpg

20180911029.jpg

20180911030.jpg
法然上人廟と看板にありますが
実は湛空たんくう廟らしい
20180911031.jpg

20180911032.jpg
右より
三條西実隆さねたか
三條西公條きんえだ
三條西実枝さねき
墳墓とある
祖父からの三代

20180911033.jpg
吉田光由の墓

20180911034.jpg
角倉了以の墓

20180911035.jpg
右より
土御門天皇
後嵯峨天皇
亀山天皇
とある

20180911036.jpg
この奥には入れなかった
台風21号の影響かも
20180911037.jpg

20180911038.jpg
四条流包丁塚とある
四条流包丁道というのがあるらしい
20180911039.jpg

20180911040.jpg
最後に
阪東妻三郎と田村高廣の墓

皇室や公卿との繋がりが強いらしく
高貴な方のお墓が沢山あります

二尊院については
京都風光 二尊院 
のサイトが詳しい

Comments 6

There are no comments yet.

G&G  

higeさん、こんにちは。
二尊院・・・凄いですね。
嵯峨三名跡の一つなのですね。
お墓は、みたことのない、特別な形をしていますね。
興味深いです。
弁財天などは、関東の、お寺にも、あったりします。
ほんと、京都は、歴史のある名跡が、沢山、あって、
一度、ゆっくり見てみたいところです。
では。

2018/09/14 (Fri) 17:54 | 返信を書く |   
hige

hige  

G&Gさんへ

嵯峨三名跡と云う言い方は知りませんでした。
確かに他の天龍寺、大覚寺は嵯峨の名跡かもしれません。

お墓の形は、こんな形が他にあるのかも知れませんが、ちょっとビックリしました。
とは言ってもここには三年前に一度来ているのですが、その時とは感覚が変ったのか、感動する基準が変ったのか。

数年でものに対する感覚は変っていくのだと実感しています。

2018/09/14 (Fri) 20:57 | 再編集 | 返信を書く |   

金  

おはよう!(*^▽^*)

おはようございます。

此処数日、此方方面は「グズグズ天気」で、気分が鬱陶しく感じます

そんなとき、此の記事の「鮮やかな緑」に、脳が少しスッキリした気がします
歴史の事や、この様な、遺跡やお墓(家系も・・・)等にも、疎く
解りませんが、落ち着いた場所である事と可也上り下りが激しそうな感じを受けました
見た感じ程では無いのかな?

「坂東家」「田村家」とは、そんな高貴な家系なのでしたのですね
で、無ければこの様な所にお墓無いですものね
凄いですね。

2018/09/15 (Sat) 10:30 | 返信を書く |   
hige

hige  

金さんへ

二尊院の奥は山の斜面ですので、本堂より奥は山登りです。
湛空廟にはヒィヒィ言って階段を登りました。
ブラタモリでおなじみのタモリさん的に言うと、断層崖ですね。
と言っても見ておられなければ判りませんよね。

阪東妻三郎は本名を田村 傳吉(たむら でんきち)と言って、田村髙廣や田村正和のお父さんです。
ここの墓誌には平成五年十月二十四日 田村髙廣 建之(これをたつ)とあります。
田村髙廣のお母上が平成五年九月六日に亡くなられたと彫られてますので、その際に建てられたようです。

2018/09/15 (Sat) 17:35 | 再編集 | 返信を書く |   

金  

見てますよ~(´∀`*)ウフフ

「ブラタモリ」は、連れ合いが好きで
殆どは見ています
毎度、思うのですが  「タモリさんは<博学者>さんやな~~」って感じます
何の事でも、御存じで凄いですね
頭の中、如何為ってるのでしょうか(。´・ω・)?

地形(段差)の事は、特にお好きな様で
直ぐ様、回答されますもんね。

金にも、少し分けて頂きたいですわ!(´∀`*)ウフフ


山登り、御疲れ様でした
金は、「金毘羅さん」に行った時でも  最終地点迄は辿り付けませんでした
もう、足が上がらなくなってしまいましたよ^_^;
多分、中間位やなかったのかな?
執っても立派な建物(本堂や思いました)が有りましたので
「ふ~~~~」っと安心したら、未だ半分だったみたいです
広めのお座敷の様な「休憩所」があって、休憩して後戻りでしたよ。
まあ・・・半分位の人は此処迄でUターンするみたいです。

2018/09/15 (Sat) 19:01 | 返信を書く |   
hige

hige  

金さんへ

そうでしたね
以前、ブラタモリを見てるってコメントをいただきましたね。
私も大好きな番組です。
こんどの林田さんはべっぴんさんですね。
って、そっちではなくて
やっぱタモリさんと専門家の会話がおもしろい。

もう、断層崖とか、坂とか、縁(へり)とかはつい口に出てきます。

2018/09/16 (Sun) 20:37 | 再編集 | 返信を書く |   

Leave a reply
コメントをどうぞ

ブログやホームページのURLをどうぞ

パスワードを入力すると投稿後、訂正・削除が出来ます