戯れ言葉

鵜殿のヨシ原焼き 2018

カテゴリ:私のまち高槻

淀川の河原
鵜殿の葭(ヨシ)の原
このヨシは宮内庁に献上され
篳篥(ひちりき)の蘆舌(ろぜつ)として使われているのだそうです。

そのヨシ原が焼かれます。




なんか可愛いミニ消防車

ヨシ原焼きに備えて
待機する消防隊



火付けの9:00AMを待つ。

着火

寒風の中集まった人々
見えている建物は対岸の街とか
くずはモールという商業施設。






毎年思うのですが
高圧電線の鉄塔の足下に火が
大丈夫なん のよう







放火(着火)し続けます。















近隣の住宅越しに見るヨシ原焼き。

今はヨシを立ち枯れの状態ではなくて
刈ってから火をつけています。
昔は刈らない状態で焼かれていたので
もっとすごい炎になっていたようです。
20180225026.jpg

© OpenStreetMap contributors

2018 04 24 図差替

新名神が京田辺から高槻までこんな具合に繋がるはずなんですが
ヨシ原焼きの地域が近接しています。
煙が新名神を包む姿が見れるのは何時になるんでしょう。
障害が出るのが
なんか楽しみ。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply
コメントをどうぞ

ブログやホームページのURLをどうぞ

パスワードを入力すると投稿後、訂正・削除が出来ます