戯れ言葉

京都府立図書館とか南禅寺惣門とか

カテゴリ:京の都

京の岡崎辺り

京都府立図書館は
明治42年(1903)竣工したものが、

平成7年(1995)阪神淡路大震災により被害があり、
平成13年(2001)正面の外観を保存しながら
新築されたんだそうです。

岡崎の平安神宮参道
大鳥居のすぐ側にあり

趣のある外観がよく残されていて
新築という雰囲気が旨く隠されています。





すぐ側を流れる岡崎疏水(琵琶湖疏水)
ここに流れ込む白川の砂が堆積し
浚渫中です。
こんな大型の重機が入れるのだから
底はかなり強固のようです。
もっとも運河なのでそうなのかも知れない。

普通の河川では浚渫船で川底をさらったり
河岸に重機用の進入路を作って
そこから作業すると思うんですが。



南禅寺惣門(そうもん)
扁額には南禅惣門とある。
他の方がブログに書かれていて
私も気になって撮ってきました。

この惣門から南禅寺の三門まではかなりの距離があり
グーグルマップで測ってみると1km弱あります。
グーグルマップとかヤフーマップ等のウェブ上の地図は
画像コピーが許可されておらず
(リンク・共有なら許可されてる)
加工も不可のようなので
国土地理院の地図を拝借します。
国土地理院のWEBマップも
インターネット上では掲載するのに
許可が必要です。
そこで OpenStreetMap  を利用してみました。

20180131114.gif

© OpenStreetMap contributors

OpenStreetMap に青色大文字でhigeが追記
2018 04 24 改訂

こんな具合です。
惣門はもともとはここには無くて、移設されてきた様です。
昔はここ迄もが南禅寺の境内であったという記述も見受けます。
祇園の建仁寺も昔は広大な境内を持っていたとか。
は ブラタモリでの話。
この岡崎辺りは昔、沢山の寺院があったようで
数年前発掘調査が行われてました。
掘れば出てくる古都の歴史。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply
コメントをどうぞ

パスワードを入力すると訂正・削除が出来ます