戯れ言葉

Atom Editor から Visual Studio Code(VScode)へ乗り換え

カテゴリ:フリーソフト
タグ:

 エディターのAtomで暫くブログ記事の下書きを( HTMLで )書いてきたのですが、
 色々不具合が出てきて、
 例えば
 もともと日本語変換中に文節の切り分けが出来ないとか。
 誤変換の時に変換中の文章の中で、矢印キーの操作でカーソルを移動させて再変換したりするのですが、この変換中の文字列中でカーソル移動が反映されません。
 再変換の為にスペースバーを打ってみると
 どこかが再変換するので機能はしています。
 当初からこれはすごいネックになってました。

 次に立上げ時間の遅さ。
 パッケージと言っているアドインを一杯も入れてないのにどんどん遅くなる。
 Atom Beauty というパッケージをはずすと少しは改善するのですが、それでも遅い。

 もうAtomはやめようと思わされたのは、
 書いている記事がどのように表示されるのかがリアルタイムで見ることが出来る Preview HTML というパッケージを利用しているのですが、これを表示しながら記事を書いていると、なんかの時に落ちるのです。
 Atomはよく落ちると云う記事を見かけますが、私も落ちるようになりました。

 念のためこの時の関係ありそうな私の環境

Windows 7

Atom 1.20.0 ia32

ATOK 2011


Visual Studio Code(VSCode)は64bit版も出てるので、乗り換えします。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply
コメントをどうぞ

ブログやホームページのURLをどうぞ

パスワードを入力すると投稿後、訂正・削除が出来ます