戯れ言葉

醒井宿と梅花藻(バイカモ)

カテゴリ:近つ淡海の国(滋賀)
タグ:

醒井(さめがい)の地蔵川に
梅花藻(バイカモ)という
キンポウゲ科の水中花が咲いています。
20170728001.jpg
この川の水は伏流水
すべて湧水だそうです。
20170728002.jpg
JRの駅近くでは落ち葉がとかが流れてきていて
花の群れに一杯引っかかっています。
20170728003.jpg
20170728004.jpg
20170728005.jpg
20170728006.jpg
20170728007.jpg
明治時代の醒井小学校の玄関
名神高速道路の工事に伴って
玄関だけが移築されたものだそうです。

20170728008.jpg
醒井宿資料館
ヴォーリズが設計参加した元郵便局

20170728009.jpg
20170728010.jpg
20170728011.jpg
20170728012.jpg
20170728013.jpg
半夏生(ハンゲショウ)が咲いています。

20170728014.jpg
醒井宿問屋場跡の前
ここの梅花藻が一番見事です。
落ち葉等も溜っていません。
20170728015.jpg
20170728016.jpg
20170728017.jpg
20170728018.jpg
20170728019.jpg
地蔵川へ崖の下部から伏流水が流れ出しているひとつ。
居醒の清水。
地蔵川のここが始点です。
こんこんと流れ出す水量の多さに驚かされます。
20170728020.jpg
十王水や
20170728021.jpg
西行水とこれも地蔵川の
流れの源

この中山道・醒井宿はJR醒井駅の直前から始まっています。

滋賀・びわ湖 観光情報
中山道醒井宿のページ
で、パンフレット等が手に入ります。

バイカモ(梅花藻)については下記サイトが詳しい
超水槽図鑑>有茎水草の仲間>バイカモのページ

かなやkitchen の鱒の押し寿司がおいしかった。

Comments 2

There are no comments yet.

金  

こんにちわ!

こんにちわ!higeさん

「藻」ってこんなに可愛い御花が咲くんですね
それとも、此の「梅花藻」だけがとくべつなのかな?

パンダの近くに「蓮池」って言う遊歩道付きの公園みたいな「池」があるんです
ずいぶん前ですが、其処の池が「藻」で一面に覆われてしまった事があったんです
「蓮池」に常駐している<鴨>や<白鳥>達が可哀想でした
それでも、こんな愛らしい御花咲いて無くて、唯々生臭い感でイッパイでした
数日たって、「藻」の撤去作業をして呉れて居ました

コンナ、経験が有るので「藻」のイメージは良く無かったのですが
此のお写真を拝見していると「藻」も素敵やな!思いました


「醒井宿」・・・
エエ感じの所ですね
一瞬、道後温泉(笑)かとおもいましたよ(7枚目のお写真)
よく似た感じです

10枚目のお写真は、なにをなさってるのかな?
水の蒸留さぎょうなのかな?

なんか、時代錯誤しそうな感じの風情の有る「宿場町」(?)ですね
今も暑いですが、此のお写真で「涼」を感じさせていただきました

higeさんは、きっと「汗だく」で一所懸命に撮影されてるんでしょうね
今日も、素敵なお写真
有難う!

2017/07/29 (Sat) 11:47 | 返信を書く |   

hige  

金さんへ バイカモ

 バイカモのこと、調べ直して記事中に参考サイトを追加しておきました。
 藻と言うより水草と言った方が正解みたいです。
 川の水も透き通っていてそのまま呑めそうな気がしますが、飲用には適していないと表示がありました。

 10枚目の写真、なんなんでしょうかねぇ?この小さな水車。
 一緒に行った友人がこれに似たもので、中に芋を入れておくと皮がきれいにむける物があると言ってましたが。

2017/07/30 (Sun) 09:32 | 返信を書く |   

Leave a reply
コメントをどうぞ

ブログやホームページのURLをどうぞ

パスワードを入力すると投稿後、訂正・削除が出来ます