戯れ言葉

初夏の生き物 2017 07

カテゴリ:私のまち高槻
タグ:

20170726101.jpg
シオカラトンボ

20170726102.jpg
クマゼミ
20170726103.jpg
20170726104.jpg
干からびそうになった新川に
メダカ
20170726105.jpg
20170726106.jpg
干からびそうになった新川に
アゲハチョウ

Comments 3

There are no comments yet.

金  

可愛いです!

こんにちわ!・・・higeさん。

先日、我が家の玄関先に「蝉」の死骸がありました
「蝉」って、地上では長生き出来ないそうですね
生涯の内「地中」の中での生活が殆どやと聞いた事有りました

暑い盛りに「ミ~~ン!ミ~~ン!」と聞くと
余計に暑さが増して、パンダ好かんのですが
短い地上での生活をアピールしているんですよね
そう、思ったら
何やら、其の鳴き声も愛おしく感じられますね

今夏は(未だ終わってませんが)パンダの所にも
トンボが「胡瓜」さんの所に良く遊びにきました
序に、セミの抜け殻も付いて居ましたわ(≧▽≦)

higeさん・・・
こんなお写真を撮られるなんて、凄いですね
セミやトンボに「催眠術」でも掛けて撮影したのかな?
執っても奇麗に撮れてますもの。

2017/07/28 (Fri) 13:14 | 返信を書く |   

hige  

金さんへ セミやトンボ

金さん。それは褒めすぎです。こそばいです。

トンボは確か食虫だったと思います。
胡瓜に飛んでくるのですか。
セミは確かにうるさいですね。でもなんというかセミが鳴くと 夏!!が来た という感じがしますね。
そう、セミとか昆虫は幼虫の時はの方が長く過ごして居るようです。でも蝶は年を越すようです。

2017/07/28 (Fri) 18:31 | 返信を書く |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/28 (Fri) 21:36 | 返信を書く |   

Leave a reply
コメントをどうぞ

ブログやホームページのURLをどうぞ

パスワードを入力すると投稿後、訂正・削除が出来ます