戯れ言葉

ネムノキ(合歓木・合歓の木)

カテゴリ:私のまち高槻
タグ:

芥川の河原で変わった花を付けた樹を発見。
なんか南洋の植物の感じがします。
何時もの散歩道なのに気づきませんでした。
そんな時は  このきなんのき掲示板  で聞きます。

あの有名なネムノキ(合歓木・合歓の木)でした。
ウィキペディアの解説がおもしろい。
曰く
日本の本州・四国・九州に自生する。
陽樹であり、荒れ地に最初に侵入する
パイオニア的樹木である。
なんですと。
昔からある樹なんですね。
知らなかった!
20170710001.jpg
20170710002.jpg
20170710003.jpg
20170710004.jpg
20170710005.jpg

Comments 2

There are no comments yet.

金  

~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

へ~~~~~~!
「ねむの木」って、こんなんや!
「ウィキペディアの解説」に「ねむの木の子守歌」の事かいてなかったですか?

金は「ねむの木」と見た瞬間
直ぐに此の曲を思い浮かべました
が、肝心な「ねむの木」は全く知りませんでしたわ( ;∀;)

やっぱ、美智子皇后陛下が作詞された・・・と、言う事で有名ですものね
此の曲多分聞いた事有ると思いますよ
素敵な曲ですよ
金、コンナンで「童謡」も好きなんです
偶にCD持ち出してかけてたりします

御子も、孫も居らんやったので
「チビさん」のお散歩の時に口ずさんでましたわ!
傍から見たら
「あの、おばさん大丈夫かな?」何て思われたでしょうね(;・∀・)

葉はシダに似ていますね
花は、例えようの無い可愛らしさですね

2017/07/11 (Tue) 09:46 | 返信を書く |   

hige  

金さんへ

 皇后陛下の作詞された「ねむの木の子守歌」、残念ながらネムノキのウィキペディアには記載がありませんでした。
 で、金さんに言われてそんな曲のあったことを思い出しました。吉永小百合氏が歌っておられたような。

 花は見覚えがあっても名前が判らないとか、名前は知っているけどどんな花だか判らないということが殆どです。
 私もこのネムノキにはビックリしました。南洋の樹のように思えるけど、万葉集にすでに登場しているのだとか。

2017/07/12 (Wed) 16:05 | 返信を書く |   

Leave a reply
コメントをどうぞ

ブログやホームページのURLをどうぞ

パスワードを入力すると投稿後、訂正・削除が出来ます