戯れ言葉

カワセミ(翡翠)十態 2017 06 27

カテゴリ:私のまち高槻
タグ:

この日はカワセミ君と追っかけっこが出来たので
色々撮れました。
20170627001.jpg
偶然、ハトがよぎってます。

20170627002.jpg
20170627003.jpg
20170627004.jpg
20170627005.jpg
20170627006.jpg
20170627007.jpg
20170627008.jpg
20170627009.jpg
川に飛び込んだと思ったら
小魚を咥えてます。
20170627010.jpg
嘴が大きくて
アンバランスな風姿。

Comments 3

There are no comments yet.

金  

こんにちわ!

こんにちわ!

今ね、有るブロガーさんに「小説」を紹介してもろうたん
其れに、チャレンジしてるんですが・何せ  金は飽き性と読解力が無いから
中々前に進まんのです(∩´∀`)∩

それでも、まあ…日に5~6ページは行ってるかな?
ボチボチ・気が向いた時に読んでます
内容的には、面白いです。
今も、読んでて飽きて来たけ此処に来たら
ボッコ奇麗な写真・・・(;・∀・)

小鳥って(特に野生は・・・)物凄く神経質やん
こんな素晴らしいアングル良く撮れたね!
金の思うには、望遠で写したんやろうな…って(まるで解らんけど・・・・・)
で、なかったら・シャッター音だけで逃げてしまうもん

綺麗な鳥やね。。。

今、此方地方は朝の雨がスッカリあがって
執っても爽やかな気候
まるで、此の「カワセミ」の様なんです

真っ青なお空とヤヤ涼しい風が時々お部屋に舞い込みます

「ARTICLE PAGE」の写真も
青竹が爽やかで、涼しげです

「カワセミ」の写真も「ARTICLE PAGE」の写真も
心が落ち着けます
素敵です!     (*´ω`*)

2017/06/29 (Thu) 15:11 | 返信を書く |   

hige  

金さんへ

 カワセミ、綺麗に撮れてるでしょう。
 いやぁ私も満足です。
 出来るだけ近くで撮りたいのですが、近づくと逃げるのでなかなか難しい。
 小さい鳥はなおさら近くでないと細かいところが撮れません。
 当然ながら望遠レンズになります。
 今回は、魚を狙ってじっと川を見てるのでそれなりに近づけました。
 カラフルな鳥なので撮り甲斐があります。

 あとブログタイトルのバックの写真。青竹に見えますかねぇ。大きさを判別できる物が一緒に写ってないのでそう見えるかもしれません。
 これ、トクサ(砥草)という草です。
 この場所、紫陽花とのコンビが素敵なので、紫陽花の咲く頃は毎年ここが楽しみです。

2017/06/30 (Fri) 08:27 | 返信を書く |   

金  

そうなんですか!

金は ホンマに物を知らないんですね
見た目だけで「青竹」かな?って感じたんですが
検索掛けたら、「青竹」の伐採は今の時期のものでは無い様でした

「とくさ」とは、研ぐ草から来ているとありました
見た目は、執っても奇麗なのですが、実物は可也険しい様な植物の様ですね

名称は迷いましたが、お写真は執っても素敵です!
アジサイとのコントラストとか、バックのヤヤぼかした感じ・・・
細かい所までの配慮が、higeさんの優しさを感じます

2017/06/30 (Fri) 21:44 | 返信を書く |   

Leave a reply
コメントをどうぞ

ブログやホームページのURLをどうぞ

パスワードを入力すると投稿後、訂正・削除が出来ます