建仁寺塔頭 霊厳院

cat : 京の都 2
tag :

臨済宗大本山 建仁寺塔頭 霊厳院 建仁寺の南東の端に 霊厳院はある 小さな寺院です 可愛らしい五輪塔 懐かしいものがあった 甘露庭 茶室也足軒...

宝厳院

cat : 京の都 0
tag :

臨済宗大本山 天龍寺塔頭 大亀山だいきざん  宝厳院 ほうごんいん 獅子吼ししくの庭 山門 三尊石と苦海 本堂 書院 茶室 無畏庵 茶室  青嶂軒 せいしょうけん 宝厳院の目の...

妙覺寺

cat : 京の都 0
tag :

日蓮宗  北龍華きたりゅうげ 具足山 ぐそくざん  妙覺寺 みょうかくじ(妙覚寺) 1378年(南北朝)創建 天文5年(1536) 比叡山・六角勢により 焼き払われるも その後再興 残念ながら庭園の拝観は 武漢ウィルス対策の為 中止になっていました。 ネットで確認したつもりだったんですが 残念。 大門 聚楽第の裏門が移設されたのだと。 ...

等持院 令和2年(2020)長月その2お庭

cat : 京の都 2
tag :

臨済宗 天龍寺派 萬年山 等持院 芙蓉池 奥に茶室清漣亭 桔梗キキョウ 心字池 足利尊氏墓所 十三重塔 室町幕府将軍十五代の供養塔 木槿ムクゲ...

等持院 令和2年(2020)長月その1

cat : 京の都 0
tag :

臨済宗 天龍寺派  萬年山 まんねんざん  等持院とうじいん 足利尊氏が 夢窓国師を開山にお迎えして 暦応4年(1341)に創建 応仁の乱等 戦乱や火災に遭うも その後再建と。 足利将軍家歴代の菩提所 山門 山門から約100m先に さらに門柱があり そこまでは住宅街 元は塔頭が並ぶ 境内だったと思われます 両側に墓地のある参道 ...

妙心寺 塔頭 桂春院

cat : 京の都 2
tag :

臨済宗 妙心寺 塔頭  桂春院 けいしゅんいん 庫裏 五尊石 清浄の庭 書院と侘の庭 梅軒門 思惟の庭 真如の庭 方丈 桂春院扁額 天間独立筆...

本法寺

cat : 京の都 0
tag :

日蓮宗本山  叡昌山 えいしょうざん  本法寺 ほんぽうじ 室町時代 永享年間(1400年代)に開かれた 弘通所が始まりと その後、破却、法難とかで 場所を変え 天正15年(1587) 豊臣秀吉の聚楽第建設に伴う 都市整備の影響で現在の地に 本法寺ホームページ  本阿弥光二・光悦親子の支援で 堂塔伽藍を整備し興隆したが 天明8年(1788) ...

大徳寺塔頭 龍源院

cat : 京の都 4
tag :

臨済宗 大徳寺派 大徳寺塔頭  龍源院 りょうげんいん 龍源寺派(大徳寺南派)の拠点 室町時代 1500年代初期の創建と  檜皮葺 ひわだぶきの重文表門 庫裏 中国・鎮州城の南を流れる滹沱河から名付けられた 滹沱底こだてい 阿吽の石庭 上は阿の礎石 下が呍の礎石 いずれも聚楽第のものと ...

大徳寺塔頭 瑞峯院

cat : 京の都 0
tag :

臨済宗 大徳寺派 大徳寺塔頭   瑞峯院 ずいほういん 室町時代、1500年代に 大友宗麟が菩提寺として創建したもの 独坐庭とある石標 四角、四角に巡らされた延段 唐門 庫裏 方丈前の独坐庭 右に蓬莱山を表す石組  山岳から連なる半島に 押し寄せる荒波 ...

東福寺塔頭 光明院

cat : 京の都 6
tag :

東福寺塔頭 光明院 臨済宗東福寺派 南北朝の1391年開創と 今の建物は 明治44年(1911)再興されたものらしい。 雲嶺庭 拝観は志納料として 竹筒へ 波心の庭 奥に皐月サツキと躑躅ツツジ その上部に 茶室蘿月庵らげつあんがあるらしい 三つの石柱が三組あり それぞれ 釈迦三尊 阿弥陀三尊...

東寺 令和2年(2020)文月

cat : 京の都 8
tag :

東寺真言宗 総本山 八幡山 東寺/教王護国寺 南大門 国宝 五重塔 木造建築物では日本一の高さですと 弘法大師が唐より持ち帰った 仏舎利が納められている 東寺建立以前から 鎮座されていたという 八島社殿 そしてそのそばに 変わった石造物 水盤ですね 国宝 金堂 講堂 ❔ 本坊・...

観知院

cat : 京の都 0
tag :

真言宗総本山 東寺 別格本山 観知院 真言一宗の勧学院 国宝 客殿 宮本武蔵の襖絵がある 勿論撮影は禁止 東寺の五重塔が見える 涅槃禄の庭 四方正面の庭...